神幻暗夜行

殺人狂の絵師が自害する前に宿のふすまに描いた鬼に、絵師の怨念が取り憑き実体化した怪物。夜な夜な宿場町の住人たちを惨殺していた。鳥のような姿に変じて自在に空を飛び、神子上幻也を苦しめたが、絵師の父親が描いた神人に捕らわれて絵に戻ったところを、焼き払われて滅ぼされた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:51 (4854d)