南総里見八犬伝

伏姫自害の際に放たれた八つの珠を持つ勇士。犬江親兵衛仁、犬川荘助義任、犬村大角礼儀、犬坂毛野胤智、犬山道節忠与、犬飼現八信道、犬塚信乃戍孝、犬田小文吾悌順の八人で、いずれも体のどこかに牡丹型の痣を持つ。それぞれ苦難の道を経て里見家に集い、関東管領をはじめとする連合軍を退け、里見家を救った。

魔空八犬伝

伏姫が放った八つの珠を持つ勇士。犬山道節犬塚信乃乱元坊上杉謙信王犬丸ペトロバ犬塚自雷天張犬老の八人。その存在の意味は、結界を護る者、魔空と戦う者としてだけではなく、伏姫の分身として現世で数々の苦難を乗り越えることによって精神的な強さを身につけ、伏姫自身の力を増幅させることにあった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:50 (4880d)