アスラ斬魔伝

文字によって魔を封じる「封字の法」の使い手。「縛の心」を注ぐと毛筆に「斬の心」を注ぐと刃になる神槍・端頭具樹で魔と戦ってきたが、最愛の家族に危害が及びそうになったため隠棲した。が、壊帝ユガに操られた妻が息子を殺め自分も命を絶ったため、復讐に燃えて再び戦いに臨む。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:50 (5404d)