(1622〜1657)江戸前期の侠客。浅草花川戸に住し、人入稼業を行う傍ら、町奴白束組の首領として活躍した。旗本奴と激しく対立したが、旗本奴大小神祇組の首領水野十郎左衛門の家で殺害された。 河竹黙阿弥の「湯殿の長兵衛」では罠と知って水野邸に赴き、袴に酒をこぼされて湯殿で浴衣一枚になったところを槍で襲われて命を落とす。


忍者からす

実は豊臣秀頼の遺児。熊野は太地でたちに育てられていたが、13歳の時に己の素性を知り、神鴉党忍法秘巻を持って出奔。武士は全て敵と思い定め、町奴として男伊達を示す。後に水野十郎左衛門に討たれたとみせて身を隠すが、世間の人間の薄情さに憤り、振袖火事を起こした。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:50 (4701d)