仮面の忍者赤影(漫画)

長浜の城を守る飛騨忍者の一人。大凧使いの達人で、凧を自在に操って空を飛ぶ。長浜城の武器庫に忍び込んだ不動金剛丸を発見、仕掛けられた爆薬の火を消し止めた。

新仮面の忍者赤影

影一族の一人。赤影青影と共に木曽に金目教の謎を探るために向かった。怪力と石つぶてを得意とし、大凧を自在に操って空を飛ぶ。凧はかつて木下藤吉郎から見せられたレオナルド・ダ・ヴィンチの図面を元にしており、落下傘に変形可能。

MASK THE RED 赤影

影一族の一人。がっしりとした体格の初老の忍者。総合格闘技・影流体術の使い手で、鎧を貫いて身体の内部を破壊する狼牙や口の中の小石を吹き付ける飛泉などを操り、白い和凧で空を飛ぶこともある。下界の人間との折衝役であり、また、鬼子として親に捨てられた孤児を拾い、里に連れてきている。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-15 (土) 15:19:14 (4906d)