藤丸地獄変

その昔は数々の悪行を働いていたという生臭坊主で、死霊などを操る呪念法の使い手。一人放浪の旅を続けていたが、ゆりなと出会い、その背負った深い業に引かれ、はぐれ透波の一員となる。戦いが終わった後、ゆりなと共に旅立ったが、備前の山奥の荒れ寺でその姿を見かけたとも言われる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:48 (4702d)