(1718〜1747)江戸中期の盗賊。尾張家役人の七里役所浜島友右衛門の子だったが身持が悪く勘当され、浪人浜島庄兵衛と名乗って天竜川西岸を本拠に盗賊団を作り、東海道一帯を荒しまわった。1746年に江戸の捕吏に追われ、翌年京都町奉行へ自首、江戸で打ち首獄門となった。河竹黙阿弥『青砥稿花紅彩画(白浪五人男)』の日本駄右衛門のモデル。

主な登場作品


新吾十番勝負

日本駄右衛門こと浜島庄兵衛として諸国流浪の葵新吾の前に登場。大名・金持ちから奪った金で困窮した民を救う義賊の頭領。新吾の第三番勝負の相手となるが、心中庄兵衛に共感していた新吾には斬れなかった。新吾が将軍御前試合に臨んだ際には、お尋ね者の身も恐れずに応援に駆けつけた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-01 (日) 19:00:01 (4521d)