(1559〜1579)徳川家康の長男。母は築山御前。家康が浜松城に移った後に岡崎城を預かり、数々の武功を挙げたが、武田勝頼との内応の疑いにより、信長の意を受けた家康の命で切腹させられた。


信玄忍法帖

小笠原幻夜斎猿飛天兵衛の策により、父母に対する深い憎悪と不信の念を抱くようになり、このため、後に武田家と内応をすることとなった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:45 (4792d)