銅銭会事変

支那の秘密結社。清朝に焼き討ちされた福建少林寺の生き残りが作ったとされ、日本を含めたアジア全域に隠然たる勢力を誇っている。連絡法には、茶碗を用いた独特の茶碗陣という暗号を用いる。日本の会員の不良分子が乱を企んだが、幕府に事前に察知され未然に防がれた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 01:41:43 (4695d)