伊賀の影丸

黒木弾正に雇われた忍者集団。仕事を始める前に神に祈る習わしを持ち、また仲間が殺された際は残りの者が執念深く仇をつけ狙う。首領の幻斎坊の下、弾正が雇った阿魔野邪鬼ら四人の浪人と影丸の口封じを図るが、影丸と邪鬼の反撃の前に、小頭五人衆を残して滅び去った。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:43 (4790d)