伊賀の影丸

影丸と共に甲府のかくし金山探索に赴いた公儀隠密の一人。無数の蜘蛛の糸を自在に操り、相手の動きを封じたり、首を絞めるなどする。自分を罠にはめようとした短筒の桔梗を逆に罠にはめ、敵の隠れ家を爆破するが、油断したところに後ろから桔梗に撃たれて命を落とす。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:42 (4790d)