十二神貝十郎手柄話ほか

江戸から京大坂まで名前の通った盗賊団。神道徳次郎を頭として、女勘助、紫紐丹左衛門、稲葉小僧新助、火柱夜叉丸、鼠小僧外伝の六人。実は松平冬次郎の配下として密かに活躍している。後に小さな悪事を働くことを憂慮した十二神貝十郎の手によって、冬次郎の寵を失った。また、銅銭会事変の際には、松平越中守の配下として、将軍を江戸城から連れ出して難を逃れさせるなどの活躍を見せた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:41 (4702d)