伊賀の影丸

七つの影法師と対決すべく集められた七人の公儀隠密の一人。宙に流した無数の布から分身を生み出す忍法「布分身」、布を放って近づく相手に絡みつける忍法「布とりで」を操る。魔風と対決し、一度は炎の中に消えるが、顔に大火傷を負った包帯姿で再登場。幽鬼から影丸を救うが、最後の力を振り絞った幽鬼と相討ちになる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:40 (4794d)