黒の獅士

伊賀の里の天才忍者。百地三太夫の娘を母に持ち、幼少の頃から超人的な能力を発揮する。魔人織田信長を倒す宿命を持ち、銅磨陣内信長魔人団と死闘を繰り広げた。後に百地三太夫を襲名し、黒の志士の一員として、信長の背後に控える白魔と戦った。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:39 (4827d)