神州纐纈城

富士山麓に隠棲し、不治の病に冒された者の治療にあたる老人。かつては上杉謙信に仕えていた荒武者だったが、ふとしたことから戦いの無意味さを悟り、一殺多生の心でもって五臓丸の製造に当たる。甲府で奔馬性癩患が蔓延していることを知り、旧友の塚原卜伝と共に甲府に向かう。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:38 (4818d)