妖説五三ノ桐

茶屋四郎次郎の嫡男。家を継ぐしきたりとして南蛮に向かう途中で豊臣秀頼を拾い、それを追ってきたほしに色仕掛けで迫られる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:38 (4854d)