(1542〜1579)徳川家康の正室。今川家の人質であった時代の家康に嫁し、徳川信康などを生む。家康の独立に伴い岡崎に移り、後に家康が浜松に移った後も信康の守る岡崎に留まった。後に武田勝頼と内応した疑いで、家康の討手に殺される。


信玄忍法帖

家康との精神的・肉体的不仲を小笠原幻夜斎猿飛天兵衛に利用され、かつて家康と関係を持った腰元らを誅殺。後に信康が家康を裏切る原因を作ってしまう。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:37 (4849d)