抜忍伝説

伊賀の下忍で、火薬を扱わせたら右に出る者のない大男。小源太とは20年来の相棒だったが、任務中に加当段蔵に襲撃され、爆死した。が、実は生き延びて占い師の姿で暗躍、幾度となく小源太を助け、また柳生秘伝書を手に入れた。最後の決戦で正体を現し、小源太と共に百地三太夫を討った。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 02:12:38 (4695d)