神幻暗夜行

とある田舎の村で崇められている存在。その村で入定したと言われる弘法大師を祀ったもので、数百年来村に繁栄を約束してきた。年に一度、11月23日の大師講に姿を見せるが、その正体は異様な姿をした異界からのモノであり、人一人を生贄として喰らう代わりに陽気を村にふりまいていた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:34 (5404d)