伊賀の影丸

刑部の手助けに現れた飛騨忍者の一人。ふくみ針を得意とする片目の男で、炎に紛れて姿を消す飛騨忍法かげろうを操る。半蔵の命で影丸の元に向かった使者を捕らえるも影丸の実力を過小評価して見逃すが、実際に彼と戦った際には歯が立たなかった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-15 (土) 15:18:56 (5400d)