東京魔人學園外法帖

鬼道衆の一人で、もと樵の巨漢。動物たちと心を通わすことが出来る。ある事件で幕府に仲間が殺され、自分も疵を負い頭が不自由になった過去を持つ。一時記憶喪失となり真那らと暮らすが、陰の珠の力で変生、巨大な鬼と化すも倒されて元に戻った。
戦いが終わった後には鬼哭村で平和に暮らしたという。またその陰の珠は後に九角家の子孫・天童により封印を解かれ、陰の氣が人格化して岩角を名乗り、龍閃組鬼道衆の子孫と対決した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 21:27:03 (4826d)