西海水滸伝

目黒の柳生下屋敷の若衆の宰領を勤める老人。若い頃から柳生石舟斎の近くに仕え、特に兵法の修行をしていないにもかかわらず、新陰流の太刀を極めた。苦戦する柳生十兵衛の救援として柳生の若衆とともに阿波、そして薩摩に向かった。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:32 (4819d)