室町時代から江戸時代初期まで数代続いた刀工・村正の手による刀。徳川家康の祖父清康がこの刀で殺害され、また嫡子信康が切腹する際にはこの刀で介錯されており、家康自身も村正の槍で傷ついたことから、徳川家に祟る妖刀として忌避された。そのため一般の大名は所持をしなかったが、真田幸村由比正雪幕末の志士たちなど反幕の意を抱く者は競ってこれを珮いたという。


東京魔人學園外法帖

壬生霜葉の愛刀。持ち主の魂を喰らう妖刀であり、無魂症である壬生以外では己を保って使いこなすことが出来ない。後に現代になって日光で発見され、妖刀の力を発揮して連続殺人事件を起こしたが、龍閃組の子孫たちにより封じられた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:32 (4939d)