伊賀の影丸

村雨兄弟の長男。無数の花を宙に舞わせて相手を幻惑する忍法「花吹雪」を操り、相手の一瞬の隙に太刀を投げつけて倒すのを得意とする。また、弟の源太郎同様、ナナフシの術を使う。蓮台寺と死闘の末にナナフシの術を見破られて倒されるが、死の間際に毒針でもって大ダメージを与えた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:31 (4703d)