ぐわんげ

幕府配下の白鳳城の主。足利家の出身だが、父なし子であったため猿神の呪いを受けた子として山寺に修行に出されていた。成長して後自分の出自を知り、怒りにまかせてたった一人で城を攻め落として我がものとする。実は魔魏羅に取り憑かれており、精神を支配されている。魔魏羅に取り憑かれており、精神を支配されている。藤村静彦に妖力を授けた人物でもある。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-12 (水) 15:35:57 (4786d)