三種の神器の一。記紀で、素戔嗚尊が退治した八岐大蛇の尾から出たと伝えられる剣。日本武尊が東征の折にこの剣でもって草を薙ぎ払ったことからこの名で呼ばれる。後に熱田神宮に祀られたが、平氏滅亡に際し海に没したとされる。天叢雲剣とも。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:31 (5404d)