仮面の忍者赤影(漫画)

飛騨忍者随一の腕を誇る仮面の忍者。羽柴秀吉に仕える竹中半兵衛の命により、青影と共に、金目教により江南支配を狙った幻妖斎霞谷七人衆、長浜の城を狙ったうつぼ忍群らと戦った。髪をからみつけて相手の自由を奪う「みだれ髪」、水泡にまぎれて姿を消す「水花仙」、炎を周囲に吹き出す「飛騨火炎陣」などを得意とする。

新仮面の忍者赤影

飛騨忍者随一の腕を誇る仮面の忍者。本名、赤垣源之助。養父から影一族の頭領の証である仮面を授けられ、新たな頭領として白影青影と共に金目教の陰謀に挑む。実は両親故郷を戦で失った孤児で、戦いを憎み平和な世の中の到来を祈っている。髪をからみつけて相手の自由を奪う「みだれ髪」、仮面やマフラーを使った分身の術、相手の影の中に潜む術などを得意とする。

MASK THE RED 赤影

影一族の一人。様々な特殊な力を持つ赤い仮面をつけた青年。自在に炎を発する影忍法不知火などの火術と得意とするが、その真の能力は強力な発火能力。さらに奥の手として自分の生命力を燃やして一種の時間加速術的な効果を顕す金剛婆沙羅を使う。竹中半兵衛オルガンティーノから金目教探索とギヤマンのクルス奪回を依頼され、金目十二使徒と激闘を繰り広げた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 02:07:52 (4847d)