根来寺の僧侶。名は明算。根来寺の子院の一つである杉之坊の院主。種子島を訪れ、種子島時尭から鉄砲一丁と火薬製造法を与えられたという津田算長監物の弟で、根来寺の僧兵に鉄砲を広め、根来忍者の祖とも言われる。


藤丸地獄変

根来衆の頭領。容貌魁偉な禿頭の男で、重火器のエキスパート。雑賀孫一の生涯の宿敵を自認しており、その孫一を倒した藤丸らを襲うが敗れて自爆。後に宗像空右衛門の呪法により復活、孫一との共同戦線に燃えるが再び敗北した。孫一に対する「奴には、宿敵以上に運命的な愛さえ感じていたというのに……」という台詞はもはや伝説。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:27 (4854d)