(?〜1664)江戸前期の旗本奴の頭目。父は備後福山藩主の三男で母は阿波徳島藩主の娘。1650年、父の跡を継いだが、病気と称して出仕を怠り、大小神祗組(もしくは白柄組)の首領となる。1657年に幡随院長兵衛を殺害。後に幕府の取り締まりが厳しくなり、切腹に処された。歌舞伎等では幡随院長兵衛の宿敵として悪役となることが多い。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:27 (4820d)