島原の乱当時の細川家の足軽。原城二の丸で鉄砲に当たり倒れていた若者(天草四郎?)の首を取ったという。


ガラシア祈祷書

阿修羅衆の頭。顔に全く表情がなく、会って一刻もすれば顔の印象を忘れてしまうような男。天草四郎の命を救うという細川忠利からの秘命を受けて活動する。

神変麝香猫

島原の乱で天草四郎を討った豪勇の士で、丸橋忠弥とは同郷同門の旧友。島原の乱での功績から三百石加増され、勇んで出てきた江戸で美しい湯女・お林(実は麝香猫のお林)を見初めて入れあげるが、七夕能の前日にお林に討たれ、無惨に主家の前に首を晒された。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 21:11:34 (5404d)