(1534〜1582)戦国時代の武将。1560年、今川義元を桶狭間に破って以来破竹の勢いで勢力を伸ばし、1573年将軍足利義昭を追放し室町幕府を滅亡させた。自分に従わない者に対しては徹底的に敵対した一方で、貿易の奨励、楽市・楽座の設置など革新的諸事業を実行したが、志半ばで明智光秀に反逆され、本能寺で自刃した。
WikiPedia.ja:織田信長

主な登場作品

  • 遊部
  • 影風魔ハヤセ
  • 鬼武者シリーズ
  • 風の呪殺陣
  • 鬼哭忍伝霊牙
  • 狂気の父を敬え
  • 黒の獅士
     下記参照
  • 豪談真田軍記
  • 鋼鉄忍法帖
  • SAMURAI DEEPER KYO
  • 砂楼に登りし者たち
  • しびとの剣
  • 修羅鏡
  • 修羅の刻 虎彦と狛彦の章
  • 神州纐纈城(コミック)
  • 伝鬼活人剣
  • 髑髏城の七人
  • 信長・あるいは戴冠せるアンドロギュヌス
  • 信長の野望 妖魔編
  • 忍者武芸帖
  • 忍法死のうは一定
  • 抜忍伝説
     下記参照
  • 花の十郎太
  • 魔空八犬伝
     下記参照
  • 魔王信長
  • MISTERジパング
  • 産霊山秘録
  • 室町お伽草紙
  • 妖説太閤記
  • 妖刀伝
  • 闇の太守
  • 流血鬼信長
  • 黎明に叛くもの

黒の獅士

幼いころはうつけ者だったが、白魔と出会うことによって変貌。以来、白魔の超科学兵器や信長魔人団などの後ろ盾を得て、戦国に覇を唱えるべく猛進撃を開始。その唯一の邪魔者である天王獅子丸の命を執拗に狙った。

抜忍伝説

甲賀を攻め、多くの忍びを殺した邪鬼丸の怨敵。明智光秀に化けた邪鬼丸により本能寺で追いつめられるが、見苦しく命乞いした末、日光剣で焼き払われた本能寺に消える。実は気の弱い男であり、滝川一益に操られていた。

魔空八犬伝

「魔王」と呼ばれた酷薄無惨な戦国大名。弟を殺した一向宗徒への復讐のため、明智光秀羽柴秀吉に一向宗徒殲滅を命じる。実は幼い頃に魔空城の黄金を手にし、以来天下取りに取り憑かれていた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-01 (日) 10:20:34 (4528d)