平安後期の伝説的人物。源義経の家臣で、元比叡山の僧とも園城寺の僧とも。「義経記」によれば弁慶と共に大物の浦で活躍したが、義経の最期の際には朝から物詣に行ったまま逃げたと言われる。
民間伝承では、その後、不老長寿を得て残夢あるいは残月と称し、源平の合戦を人々に語り伝えたという。また、古浄瑠璃「海尊」では、神仙力でもって義経の遺児を助け、源実朝を倒そうとした。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-09 (日) 00:44:15 (5407d)