(?〜1773?)戦国時代の兵法家。名は信綱。愛洲移香斎の陰流の流れを汲んで新陰流を生み出した。主家が滅んだ後、武田信玄に惜しまれつつ諸国修行の旅に出、柳生石舟斎宗巌や疋田文五郎、宝蔵院胤栄、足利義輝など、多くの兵法者に剣技を伝授した。
WikiPedia.ja:上泉伊勢守

主な登場作品


信玄忍法帖

匹田文五郎神後伊豆を連れて兵法修行の旅の途上、武田信玄を訪問。それを利用した徳川の忍者・墨坂又太郎による信玄(の影武者)暗殺を許してしまうが、正体を現した又太郎の忍法をものともせず、一刀で倒す神業を見せた。

忍者からす

坂本の宿で兵法者を襲っていた丸目蔵人と対決、勝利。強いだけの剣を夜叉の剣と断じ、美しさの中にある弱さを兵法者に持たせるという信念から、邪剣の遣い手であった丸目蔵人を女性のような美しい姿に作り変えた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-01 (日) 15:37:44 (4673d)