(1593〜1667)江戸前期の剣術家。独学で願流を立て、仙台の伊達家に召し抱えられた。相手の太刀を足で踏み落とす「足譚」を得意とし、徳川家光の前で技を披露して、その身軽なこと蝙蝠の如しと讃えられたことから蝙也斎と名乗る。


西海水滸伝

柳生権右衛門の紹介で柳生宗矩と立ち会うが、足譚を封じられて敗れる。キリシタンに興味を持っており、宗矩にモーゼの三宝の存在を語った。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:19 (4820d)