十二神貝十郎手柄話ほか

館林藩主松平右近将監の次男で、通称館林様。無位無官をもって任じ、文人や遊侠の徒などと交わっている変わり者で、天明六人白波を手足として使う。一揆の背後で糸を引いたり、天変地異の際に富豪に難民の援助をさせるなどの活動を行っていた。 「血煙天明陣」では、天明六人白波戸ヶ崎熊太郎らと共に、田沼意次の陰謀に対して真っ向から対決。田沼側についた十二神貝十郎と対峙した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:19 (4792d)