(1758〜1829)江戸中期の白河藩主。徳川吉宗の孫で田安宗武の子。1774年に陸奥国白河藩主の養子となり、1783年に家督を継ぎ、天明の飢饉に際しては藩財政の立て直しに成功した。1787年に老中首座に就任、田沼意次を退けて寛政の改革を断行。奢侈禁止令・棄捐令の発布、江戸石川島の人足寄場を設置、寛政異学の禁等を行ったが、尊号事件をきっかけに1829年、老中職を辞任。学者・歌人としても知られる

銅銭会事変

賢人として知られる幕閣(が、十二神貝十郎は「女の老中」と揶揄する)。天明六人白波を手足として使う。将軍家治の蒙を開くため、そして家治の身を安んじるため、女勘助に命じて家治を江戸城から連れ出し、自分の元に保護した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 01:43:12 (4819d)