(1596〜1662)江戸初期の大名。本名信綱。俗に智恵伊豆と呼ばれ、徳川家光・家綱に仕え、島原の乱・慶安の変を鎮圧、明暦の大火を処理するなど、幕府の体制確立に功があった。


伊賀の影丸

時の老中として、幕府体制の安定のため服部半蔵らに命令を下す。慶安の変の直後に由比正雪が生きていたことが判明した際には正雪抹殺を指示。また、七つの影法師の挑戦に対しては、幕府の威信を示すため、相手の全滅を命じた。

神変麝香猫

知恵伊豆として知られる利け者。いち早く麝香猫のお林一党の脅威を知り、対処に努めるが、その神出鬼没ぶりに苦慮する。最後の戦いでは、自ら武蔵野の怪屋敷に向かった。事件の終結後には宗門取締りの改革を行い、切支丹への非人道的な弾圧を改めた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-09 (日) 00:23:19 (4848d)