ガラシア祈祷書

細川藩家老・松井佐渡守の養子で、細川三斎の六男。タイ捨流の遣い手であり、後に宮本武蔵から二天一流を修めた。父より島原の乱の背後関係を探る命を受け、不知火と共に島原に潜入。初めは反目した不知火をやがて深く愛するようになるが、ゴロリア善馬と彼女を挟んで争うこととなる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 21:12:05 (4819d)