(?〜1628)江戸前期の剣術家。旧名、神子上典膳。上総国出身で安房里見家に仕えていたが、伊東一刀斎の弟子となり一刀流を継承、1593年に徳川秀忠の指南となり、小野と改姓した。直情径行で周囲との衝突も多く、また将軍相手にも手を抜かなかったため、次第に疎んじられるようになったという。 俗説では、真剣の柳生宗矩に対し燃え残りの薪を持って立ち会い、宗矩の衣服を炭だらけにしたという。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:19 (5404d)