江戸紫の鉢巻きに蛇の目傘がトレードマークの男伊達。吉原の花魁・揚巻の情夫となり、吉原で喧嘩三昧の日々を送る。実はその正体は曾我五郎時致で、喧嘩相手に刀を抜かせ、盗まれた重宝・友切丸のありかを探していた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:18 (4703d)