伊賀国楯岡の人。楯岡ノ道順と呼ばれる。伊賀四十九院流の始祖とされ、伊勢の北畠氏、近江の六角氏などに仕えたという。延宝四年に成立した忍術書「万川集海」には、伊賀流忍術十一名人のひとりとして記載されている。


抜忍伝説

伊賀の下忍で、百地三太夫に抗する忍者同盟の一人。風魔小太郎から奪われた柳生秘伝書の行方を小源太に教えた。

藤丸地獄変

伊賀忍軍三大忍者の一人。美青年で剣の達人だが不治の病に冒されており、倒した相手の血を染み込ませた死に装束を身にまとい、死に場所を探している。百地三太夫の指示により隠れ里を襲撃するも藤丸たちを侮って見逃すが、後に伊賀での決戦でその藤丸たちに敗れさり、初めて生きたいと思いつつ最期を遂げる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 02:13:32 (4812d)