鎌倉時代へ / 室町時代2へ→
西暦年号出来事出来事(作中)出来事(海外・作中含む)生没
13361336(延元01/建武03)後醍醐天皇、吉野へ還幸
湊川の戦い
白狐魔丸、楠木正成の死を看取る『洛中の火』誕生:ティムール
没:楠木正成
13381338(延元03/暦応01)室町幕府成立没:新田義貞
13391339(延元04/暦応02)『神皇正統記』執筆される足利直冬と北条時行、隠岐で後醍醐天皇に憑いた魔物と対決『髑髏皇帝』英仏百年戦争没:後醍醐天皇
13401340(延元05/暦応03)高師直の娘・小坂部姫、魔道に堕ちて姫路城の主となる『小坂部姫』
13481348(正平03/貞和04)四條畷の戦い勇魚、ヨーロッパから日本に帰還『南国水狼伝』ヨーロッパでペスト大流行没:楠木正行、花園天皇
13491349(正平04/貞和05)鎌倉公方設置芳一、足利義詮より北条文庫の探索を命じられる『芳一』
13661366(正平21/貞治05)倭寇の少年・辰治、梁山泊の豪傑の子孫らと南海に向かう『屠竜の剣』
13681366(正平23/応安01)応安の半済令じゃこ、母の国を探して南の海に向かうも難破、倭寇に拾われる『じゃこ、南の海へ』明成立
元滅亡
没:後村上天皇
13701370(建徳01/応安03)ティムール朝興る
13741374(文中03/応安07)能楽師・鬼夜叉、足利義満を狙う刺客の陰謀に巻き込まれる『室町少年草子』
13901390(元中07/明徳01)柳生三兄弟と伊賀服部三姉妹、三種の神器を巡り相争う『忍法創世記
13921392(明徳03)南北朝統一高麗滅亡、李氏朝鮮起こる
13941394(明徳05)足利義満、太政大臣となる初代『鴉』の娘、後小松天皇の子(後の一休宗純)を産む『忍者からす誕生:一休宗純、足利義教、エンリケ航海王子
14041404(応永11)土御門有世、朽残谷の大鬼・ガゴゼの妖気を封じる『ガゴゼ』誕生:山名宗全、ジル・ド・レイ
14081408(応永15)世阿弥、天覧能を演じる柳生十兵衛・世阿弥、足利義満の天皇宣下を阻まんとする『柳生十兵衛死す』
金閣寺の密室で、足利義満の首吊り死体が発見される『金閣寺に密室』
永楽大典成立没:足利義満、李成桂
14141414(応永21)北畠満雅、小倉宮を奉じて挙兵葉月、青年妖術師・天竺ムスルの仕え女となる『南あやかし帖』コンスタンツ公会議始まる
14211421(応永28)一休、足利義持より探索を命じられた“ほしみる”を発見『一休暗夜行』明、北京に遷都
14241424(応永31)異国の妖魔“悪巣”、五代将軍・足利義量に呪詛を仕掛ける『一休虚月行』没:後亀山天皇、永楽帝
14281428(応永35/正長01)正長の土一揆旧司等の神官・加古四郎、次代の帝・彦仁王の魂魄を抜き取る『一休破軍行』没:足利義持
14301430(永享02)一休と世阿弥、四十八年に一度現れる幻の妓楼・暁蛍楼を訪れる『暁けの蛍』ジャンヌ・ダルク、ブルゴーニュ軍に捕らえられる誕生:細川勝元
14381438(永享10)永享の乱北畠宗十郎、小倉宮から呪力を秘める三つの能面の入手を命じられる『彷徨える帝』誕生:足利成氏
14411441(永享13/嘉吉01)嘉吉の乱
嘉吉の土一揆
俵藤藤太、火術で古河城を攻める十万の軍勢と戦う『火男』没:足利義教、赤松満祐
14571457(康正03/長禄01)太田道灌、江戸城築城
コシャマインの戦い
丹波忍び・村雲兵庫、日野幸子を護って吉野の南朝方に潜入『吉野太平記』誕生:ヘンリー7世、成宗、斯波義寛
没:于謙
14581458(長禄02)長禄の変南朝の皇子・阿麻丸と桜姫ら、京に運び込まれた神爾を奪取する『妖櫻記』
自害した里見の伏姫の腹から八つの玉が散る『南総里見八犬伝』
誕生:尼子経久
14611461(寛正02)寛正の大飢饉運命師幻六、占いの中で奇怪な猿魔の姿を視る『運命師降魔伝』トレビゾンド帝国滅亡没:シャルル7世
14621462(寛正03)寛正の土一揆吹き流しの半蔵、寛正の土一揆の先陣を切る『室町無頼』イワン大帝即位
14641464(寛正05)細川勝元の愛妾・地獄大夫、崇徳上皇の復活を目論む『妖霊星』ヘクサムの戦い

頁先頭へ /←鎌倉時代へ / 室町時代2へ→
トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-22 (木) 22:01:28 (183d)