伊賀の影丸

七つの影法師と対決すべく集められた七人の公儀隠密の一人。川に逃れた紫右近に対し、川に毒を流して失明させ致命傷を与えるが、同時に含み針を受け、幽鬼にとどめを刺された。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:13 (5404d)