抜忍伝説

世の乱れを憂いて成仏できず、比叡山で亡霊と化していた僧。赤ヶ池の大蛇から身を守るための封印を書くため、幻妖斎の血を求めた。また、小源太の前には一つ目小僧の姿で現れてその心を試し、その答えに満足して小源太の目を治し、成仏した。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-16 (日) 02:12:18 (5390d)