伊賀の影丸

七つの影法師の一人。自分の周りの水を天に遡らせ、霧を作って相手を混乱させる忍法「天しぶき」を操る。影丸ら五人に追われ、天しぶきで一度は逃走するが、式部が川に流した毒で失明。式部に斬られながらも、ふくみ針で相討ちに持ち込んだ。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:11 (4704d)