伊賀の影丸

由比正雪を追う伊賀六忍の一人。その名の通り獅子のたてがみのような髪を持つ男で、野犬などの獣を自在に操る。また、星占いを得意とするらしく、正雪が西に向かうことを星の動きから悟った。鏡月の忍法水鏡に敗れるが、死の間際に、獣を呼び寄せる忍法血しるべを浴びせかけた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:11 (5320d)