風水や陰陽道において天の四方の方角をつかさどる四体の神獣、青龍・朱雀・白虎・玄武のこと。青龍は東・春・青、朱雀は南・夏・赤、白虎は西・秋・白、玄武は北・冬・黒などを象徴する。また、東に川、西に大道、南に沢畔、北に丘陵のある地を四神に相応じた最も貴い地相・四神相応の地と呼び、平安京や江戸はこれを有するとされた。


月華の剣士シリーズ

地獄門を現世側から封じる四つの存在もしくはその力を持つ人間。幕末時点では青龍=慨世、朱雀=嘉神慎之介、白虎=直衛示源虎徹、玄武=玄武の翁がその任にあたっている。

藤丸地獄変

獣神・獅子王に仕える四匹の聖獣。地獄の亡者たちが最も苦手とする存在であり、亡者たちの力を得た百地三太夫と戦う藤丸に、獅子王の命を受けて力を貸す。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:10 (4854d)