(1545?〜1578) 戦国末期の武将。名は幸盛。尼子十勇士の一人で、主家滅亡後も尼子勝久を奉じてその再興に努めたが、播磨上月城で毛利氏に捕らえられ、連行途中、備中で殺されたといわれる。


忍者からす

父・山中鹿左衛門の死して後、滅びゆく者に栄光を与えることに取り憑かれた神鴉から生涯三度の守護を約束され、その助言により数度に渡って難を逃れる。また牢人中に主君と仰ぐべき尼子勝久に引き会わせられ、これを奉じて活躍したが、神鴉の守護を失った時に死を迎えた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-08-26 (日) 07:02:46 (4403d)