藤丸地獄変

神楽衆五輪音楼の一人。三味線に仕込んだ銃や、無数の槍を空から降らす無間針の術などを使う。老婆だが白粉と紅を塗りたくり、お下げに大きなリボンという恐ろしい姿で、いい男と見れば皆「かわいがって」やろうとする。厳島での決戦で死亡するが、後に宗像空右衛門の呪法により復活。復活してもその言動は変わらず。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:08 (4827d)