真田十勇士の一人。三好清海入道の弟。兄と共に真田幸村の下で戦うが、兄の陰に隠れた形で終始した。兄同様、大坂夏の陣で自刃して壮絶な最期を遂げた。


虚無戦史MIROKU

伊佐入道の名で登場。僧形の大女で、触れたものを蝕み、自分と一体化させる真田妖法「魔陣腐糸」を使う。筧井十蔵と共に九龍城に乱入するが、九龍忍群の予想以上の力に苦戦、夢幻美勒に重傷を負わされ逃走する。後に富士の戦いの際に半サイボーグ化されて再登場した。

藤丸地獄変

為三入道の名で登場。十勇士の一人で、鎧装束に身を包んだ荒法師。背中に燃料タンクを背負い、それにつながった火炎放射器にもなっている錫杖を操る。他の十勇士と共に登場、はぐれ透波たちを倒して天下を取ろうとするも、敗北。武人らしい堂々とした最期を遂げる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-04-08 (土) 17:21:08 (4939d)